VIO脱毛をしてキレイになろう!

VIOと抜いたり剃ったりするタイプの家庭用脱毛器について

フラッシュではなく、抜くタイプの家庭用脱毛器もあります。ブラウン シルク・エピル7やPanasonic ソイエなどがそうですね。しかし無駄毛処理の中で最も肌に負担をかけるのは「抜く」という方法で、毛穴が広がってしまったり埋もれ毛(皮膚内で毛が成長してしまうこと)になってしまったりするリスクがあります。

 

一方、剃るタイプの家庭用脱毛器(ブラウン レディーシェーバーみたいな普通のシェーバー)は、剃るだけなので肌への負担は小さくて済みます。トリムを使えばいくらか毛を残すように処理できるのも便利です。しかし抜く場合よりも毛が生えてくるのが早いため、より頻繁な手入れが必要になります。