VIO脱毛をしてキレイになろう!

VIO脱毛は恥ずかしい?

VIO脱毛は恥部なので恥ずかしくてなかなか行きにくいと思っている人も少なくないですが、カウンセラーも同じような施術を何件も行っているため恥ずかしさということは考えなくて良いでしょう。しかも、一度実施しするとこれからの人生での手入れ時間や手間が省けると考えれば、利用しないということはないと思います。

 

●Vライン脱毛
ベッドの上に仰向けで寝ころび大の字になります。両足は真っ直ぐ伸ばしたまま肩幅と同じくらい開きます。紙パンツはずらしながら脱毛器の光をあてていきます。

 

●Iライン脱毛
Vの時と同じ様に、ベッドに仰向けに寝た状態で片足を「くの字」に曲げて横に開いた状態で行ないます。(片足ずつ開く体勢で施術をするようです) この体勢で、紙パンツを少しずつずらしながら施術を行ないます。

 

●Oライン脱毛
VIO脱毛のなかでも一番分らないのがOラインの施術体勢ではないですか? 少し脚を広いてうつ伏せにベッドに寝転び少しお尻を突き出す格好で、処理を行なうサロ が多いようです。紙パンツを少しづつずらして、皮膚を引っ張りながら処理します。 スタッフの1人がお尻の割れ目を広げて、もう1人のスタッフが光を当てるのが一般的です。 サロンによっては、寝ころび方は違いますが、だいたい2人のスタッフが付くようです。
VIO脱毛をしてみよう
多くのサロンで人気があり、取り入れられているVIO脱毛。 女性にとって、水着や下着からのアンダーヘアーが見えていると気になりますよね。衛生面でも、生理の時の臭い・かゆみ・不快感も改善してくれるVIO脱毛。 でも、サロンによっては、事前にムダ毛処理をしていかなければ別料金がかかってしまうサロンもあります。Iライン、Oライン共に、自分で見えない場所だけに自己処理は大変危険です。

 

自分の通っているサロンのシステムをよく確認することが大切です。 カミソリで剃る場合は、ムダ毛が生えている方向に剃ります。ムダ毛に逆らって剃った方がキレイに剃れているような気がしますが、肌へのダメージはとても大きいです。 何度も同じ場所をカミソリで剃り続けると、皮膚が黒ずんだりする原因になります。 Iラインは他の部位に比べると痛みが強い部位になります。でも脱毛範囲が狭いためすぐに終わり、人気が高いのでしょう。

 

毛が生える周期は体毛の場所によって違いますが、休止期、成長期、退行期へと移行していきます。休止期は、毛が表に出てきていない状態です。エステなどでは成長期の毛を処理します。退行期の毛は、弱くなり、放っておいても抜け落ちる毛です。 サロンによってVラインの処理範囲が違います。まずは、脱毛範囲が広いサロンを選んだほうがお得だと思います。 範囲が広いサロンだと、アンダーヘアーを好きな形に整えますし、アンダーヘアー全体の毛の量を薄くできたりと、いろいろな処理法を行えます。

 

Vライン脱毛のために発見された大きな「ほくろ」のせいで、この周りは照射してもらえず、この「ほくろ」周りだけ毛が残ってしまうことになった。そう、「黒色」に光脱毛のマシンは反応するから「ほくろ」にあててはいけないらしいのだ。この周辺だけ毛が残って、あとは脱毛されているのを見ると変な感じだった。次回、他の部位での脱毛に行ったときに「もう少しぎりぎりまで光を当ててほしい」とお願いしたら、エタラビのスタッフは快く承知してくれ、少しだけ残るがかなりましになってホッ。ここのスタッフは優しい。