VIO脱毛をしてキレイになろう!

Vラインの脱毛も事前に処理が必要です。どこまで処理が必要なのか

剛毛さんの持ち主の私は、やはりあの下の大事な部分……、つまりアンダーヘアも毛深いために、これまで困らされてきた。これじゃ将来の結婚にも支障が出るのではないかと心配しちゃうくらい。つきあっているくらいだったら、いつも一緒にいるわけではないから自己処理もしやすいからいいのだけれど、結婚だと違うよなと心配していた。いつかバレて嫌われるんじゃないかと思って心配だった。そして今回、エターナルラビリンスで全身脱毛をスタートしたことで、その心配ともおさらば。

 

最初、Vラインについては、スタッフから「脱毛したいところまで自分で剃ってきてください」と言われ、よくわからないまま「わかりました」と返事。しかし、どこまでどういう風にVラインを剃るものか、形も大きさも分からない。友達に聞けるはずもなく、まあこれまで剛毛で悩み切っていた私にとっては、全部なくしてもいいくらいの気持ちだが、そういうわけもいかないだろうから、初回はまあまあのところまで剃って行き、エタラビのスタッフの人に他の人はどうなのか聞くことにした。

 

結局は「人によって違う」としか教えてもらえず、「あなたのこの大きさよりも、もっと脱毛する人いますよ」と言われたことに励まされ、もっと下げて脱毛することにした。ここの部分を剃っていて驚きの発見。この剛毛に隠れて、大きなほくろが潜んでいたのだ。このVライン脱毛がなければ永遠に日の目をみることがなかった「ほくろさん」。何故か久しぶりに再会したようなうれしい気分になりました。

 

VIO脱毛とはいわゆる恥部の脱毛のことです。V(ビキニライン)、I(性器周辺)、O(肛門周辺)をくっつけたのがVIOという言葉です。これらは非常にデリケートな部分であり、素人では脱毛しにくい部分であるため、最近では脱毛エステなどで専門的に施術してもらうという人が増えています。